大学生の退屈しのぎ

底知れぬ音楽と映画と文学と...

お洒落な大人音楽、ペトロールズのライブに行きました。 2018年8月8日@恵比寿リキッドルーム

スポンサーリンク

2018年8月8日、ペトロールズを観に台風の中、恵比寿まで行きました。一応説明しておくと、ペトロールズは東京事変の元ギタリストとして有名な長岡亮介率いるスリーピースバンドです。いやあこの日はちょうどELLEGARDENの新木場公演と被っていて、それもあってチケットが普通に取れたように思いますが、基本的になかなかチケットは取れないバンドです。エルレとペトロールズどちらも好きな人間がどの程度いるかは割と未知数な気もしますが。。

とりあえず、以下セットリストです!

 

1.闖入者

2.曲名不明(新曲?)

3.表現

4.曲名不明(新曲?)

5.カザーナ

6.シェイプ

7.水蒸気

8.曲名不明

9.よなかのすうがく

10.ツバメ

11.タイト!

12.Talassa

13.KAMOME

14.雨

15.Fuel

16.止まれ見よ

 

アンコール

17.Not in service

18.ホロウェイ

 

 実はこの日ペトロールズを見たのは初めてでした。大学受験期(2年前)にRenaissansをアマゾンで購入してからずっとどハマりだったのでこの日が楽しみで仕方なかったです。年齢層はやや高めでぱっと見た感じはおばさんが一番多くて次におじさん。次にちょっと若めの男女。。高校生とかはあまりいなかった気がします。同い年くらいの人はいましたけど。

 とにかく、一曲目。闖入者!ItunesにもあるIdolにはIntruderというタイトルで入ってます。ベースで始まるイントロが熱いです。「悪気はない 他愛もない 嘘はない」という歌詞が来た瞬間の高揚感といったら。。心の中で叫んでしまいました。ペトロールズの特徴として凝ったコーラスがあると思うんですけど、これに滑稽さを感じず心地よさを見出してしまったらきっともうペトロールズという沼から出られないです。

 そして新曲からの表現。この曲はRenaissanceの中でもかなりスルメ曲で、後の方に好きになったんですけど、生で聴くと本当に音楽的なツボを刺激してくるのが分かりました。ベースとギターの絡みがとても気持ちいい。あと「このメロディー」とか「このアイロニー」のところでベースがメロディーを弾くのが快感すぎる。

 今回のライブで初めてのペトロールズだったわけなんですが、MCがゆるくてよかったです(笑)今回のライブはリキッドルーム14周年のお祝いだったわけなんですけど、それを聴いたボブさんが「俺、14の時、めっちゃ厨二病だったんだよね」って言ってたのが割と面白かったし、長岡さんが「初めての深夜イベントでリキッドルーム来たのが友達のお兄さんのファッションショーだった」と言って、「モデルってすごいよね」みたいな話をしたらボブさんが「俺もランウェイ歩きたい」と言い出して「じゃあ今やろう!」ってなって僕たちはボブさんの急遽開催されたウォーキングを見ることになりました(笑)全然意味わかんないけど、ライブのMCはなんでも笑ってくれる優しい世界なのでまあなんでもありです。

 そう、今回のライブでは僕の大好きなカザーナが聴けたんですよ。個人的ににカザーナは本当に完璧な曲。そして、この曲は長岡さんが「気持ち的な台風」と言っていたこともあって、外が台風でみんな傘を持っていたりして、どこか不安げに思っているこの雰囲気にすごくマッチしていました。この曲は、ペトロールズの曲にしては珍しく楽器隊よりも歌をしっかり聞かせているような感じです。(もちろん楽器隊の演奏は一級品なんですけど。。)「こんな夜更けにどうした?聞きなれぬ声色で」という出だしがやっぱり好き。

 そして今回一番会場全体が盛り上がっていたのは雨→Fuelのキラーチューンの流れですかね。特に雨の間奏のギターソロのところは女の人がマジの興奮した「イヤーーー」という声が遠くからして少し面白かったんですけど、気持ちは十分すぎるくらいわかったので僕も楽しくなりました。長岡亮介のかっこいいところはめちゃめちゃ難解そうなフレーズを涼しい顔して楽しそうに弾いているところなんですよね。。いや、本当分かります。僕が女性でこんなミュージシャンいたら確実に惚れます。そしてそのまま Fuelへいくわけなんですが、全身の血が沸き立つようなかっこよさ。サビのこのだんだん上がっていく感じ。あと歌詞を山手線仕様にしていて「目黒 恵比寿 渋谷」って歌ってました。多分巡ろう巡ろうのとこだったと思います(笑)そして「ヘーイ」のところをみんなで歌ったのは楽しかった。。

 アンコールはNot in serviceとホロウェイ。というかこの曲に限ったことじゃないけど、このサウンドをサポートも無しでギター一本でやっている凄さですよ。どう考えても歌いながら弾くフレーズじゃない。。ホロウェイのイントロもこれギター一本でどんな感じになるんだろう?と思いながら見ていたら結構アレンジされていて長めのイントロになっていました。「君を愛してやまない人と君とでただ ただなんとなく やり過ごしてきたのだろう」は最高です。

 

 

前の記事にも書いたんですけど、ペトロールズってCDが会場限定販売のことが多くて、なかなか音源が手に入らないんですよね。Apple Musicにも今のところホロウウェイと闖入者しかないです。増産しすぎなくていいからタワーレコードとかディスクユニオンにもちょこっと置いてくれたら嬉しいんですけどね。。貧乏学生には定価以上の値段はなかなか出せないです。。でもそれでももう一級品のサウンドであることは間違いないので、バイトして買おうか悩んでます。いや、本当に良かった!またどこかで観たいバンドでした!

 

 

 

Holloway

Holloway

  • provided courtesy of iTunes

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 SIDE BY SIDE /ペトロールズ 【中古】afb
価格:3937円(税込、送料別) (2018/12/16時点)


 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 Problems /ペトロールズ 【中古】afb
価格:11257円(税込、送料別) (2018/12/16時点)


 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村