大学生の退屈しのぎ

底知れぬ音楽と映画と文学と...

伝説のガレージロックバンド、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのオススメ曲10選

スポンサーリンク

ミッシェルガンエレファントは2003年に惜しくも解散したロックバンドでBJCなんかと並んで、90年代後半から00年代前半の日本の音楽シーンに伝説を残したバンドです。僕は高校生の時に出会ってチバユウスケというインスピレーションで生きてるロッカーに心底憧れて、タバコを吸うなら絶対ラッキーストライクにしようとか、勝手に決めてました。大好きなバンドです。

今回はそんなミッシェルのオススメ曲10曲を紹介していきます!

 

 

 

1.世界の終わり


世界の終わり / thee michelle gun elephant

 

とにかくかっこいいからみてくれ。初めて聴いた時凄まじくてかっこよくて、こんなにかっこいい音楽が存在していたのかと雷が落ちた。この曲と出会った後と出会う前じゃ僕の人生は全然違ったと断言できる。ある意味で一回僕の世界を終わらせてくれた曲です。曲はもちろんかっこいいけどとにかく、このライブの世界の終わりはすごい。音楽の生霊が取り憑いているみたいな。できればYouTubeじゃなくてDVDで観て欲しい。

 

2.Strawberry garden

これも世界の終わりと同じ1枚目のアルバム「Cult Grass Star」に収録。個人的には初期のミッシェルが特に好きなのもあって選びました。チバユウスケはいちごは木になるものだと思っていたみたいでこんな曲を書いたそうです(笑)「いちごのなる木を燃やして暮らすよ」という意味のわからない歌詞があるけど、チバユウスケの詩は意味がわからんくてもなんかグッとくる言葉の並びだったりすることが多いです。特に「良いこと言ってる!」とかじゃないけど、どこか文学的というか、魅力的。

 

3.恋をしようよ

これは2枚目のアルバム「High Time」に収録。気だるい感じが最高にかっこいい。この曲を聴くと汚い部屋の中のイメージが必ず浮かぶんですけど、どこか閉塞的というか、無気力な独占欲みたいなものを感じます。恋愛は「猫のスタイルですがりつけ」ということみたいです。参考になります。。

 

スポンサーリンク

 

 

4.シャンデリア

この曲はアベフトシの偉業です。イントロからギターの手がもげてもおかしくないような。このあいだ、アベフトシの命日にこの曲を部屋でかけていたら、こんな風に曲に存在していた痕跡は残っていても、偉大なギタリストをなくしてしまったんだなと。。「それでも明日はシャンデリアが降る」という歌詞も気に入ってます。

 

5.ブギー

僕が個人的に気だるい曲が好きだからかもしれないけど、7分以上あるこの曲は雨の日になるとほぼ必ず聴いてます。3分ぐらいからのギターがかっこいい。ブギーって調べたら「ブギウギ」とかからきてるみたいで音楽用語みたいですが、調べてるうちにどうでもよくなってきました(笑)とにかくかっこいいですよ。

 

6.ゲット・アップ・ルーシー

きっと誰かが死んだらひたすら悲しんだ後はこんな感情になるんだろうなあと、そんな予感がします。この曲は終始ルーシーへ起きてと呼びかけている曲なんですが、なんか死を連想させる曲だなあと思います。「ねえルーシー 聞かせてよ そこの世界の音」とか「ねえ ルーシー空で花を見たか」とかとか。。まあでも基本的にミッシェルの歌詞に意味を求めるのは的外れな気もするので、その死の空気感だけ感じておくだけにしてます。ギターリフがクセになる。

 

7.キラー・ビーチ

アルバム「ギヤ・ブルース」はギターが雷みたいな音というか、ごりごりに歪んだ曲が多いけど、この曲もそう。だけど、メロディーはすごくキャッチーです。グロテスクな歌詞と夏の暑さにバテているようなテンションが、まさに「キラー・ビーチ」って感じです。「ナイフで貫いたおいらの心臓くらえよベイビー」、「腹わた切り開いて 私のお肉を食べてよダーリン」と言い合いながらビーチで殺戮を繰り広げる男女を想像しながら聴いてもらえればきっと楽しく聴けるんじゃないですかね(笑)ギヤ・ブルースで一番好きな曲です。 

8.ドロップ

ここで後期のミッシェルの代表曲を。僕が受験に失敗した時によく聴いていた曲でもあります(笑)「神の手はにじむピンク」とか「なめつくしたドロップの気持ち」とか、チバユウスケのチバ語というやつが炸裂してます。正直、カサノバ・スネイクはここ最近はもうずっとこの曲しか聴いていないです。アルバムの中でも頭一つ抜けてかっこいい。

 

9.スーサイド・モーニング

「どうせなら月残る朝がいいね」「どうせなら花に食べられたいね」と、明るく自殺の計画を立てる曲です(笑)深刻に何かに悩んでたとしても、自殺に関してこんなに明るく歌われると、逆に生きてみようかなって気持ちになります。他の曲にも言えますがミッシェルの曲(特に初期)って本当に現実の匂いがしないんですよね。どこか別の惑星の話を聞いてるみたいな感じがします。

 

10.Midnight Klaxon Baby

これはあのMステでタトゥードタキャン事件でミッシェルが演奏した曲です。たまにYoutubeにアップされては消されていく動画。。Mステで生でできるのがミッシェルくらいしかいなかったということで急遽お願いされたみたいです。周りのタレントさんとかタモリさんとかもリズム刻んでたり立ち上がったりして、本当にミッシェルもかっこよかったけど、この空気感が最高だなと思って。もうMCが喋ってるのに曲始めるところとかも。ドライブとかにいいかもしれないですね。

 

 

最後に

今の音楽がダメとかは思いませんが、ミッシェルの存在はやっぱり唯一無二だったんだなあと思いました。あとはチバユウスケが今やっているバンドThe Birthdayも僕はすごく好きなので、オススメです!

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村