大学生の退屈しのぎ

好きなものをひたすらに貫いていきたい

フランスで遭遇したスリから身を守った話と学んだスリ対策。

スポンサーリンク

こんにちは。ぼくは一年ほど前の大学の春休み、友達と3人でフランスに10泊ぐらいの旅行に行きました。

f:id:neatnobibouroku:20181213191909j:plain

(ちなみにこれは僕がスマホ撮ったモンサンミッシェルです。モノクロに加工したらめちゃくちゃにかっこよかったんで載せます。)

楽しい旅行もスリに遭うとめちゃくちゃテンション下がります。僕と友達は未遂だったけど、それでもその日1日はブルーでした。。参考までにスリに遭遇した経緯とその後旅行中に対策していたことを紹介します。

 

 

 

スリに遭った経緯

僕らがスリに遭ったのは空港からホテルに向かうバスの中でした。空港のそばのバス停から一緒になったんですが、何言ってるかはわからないけど、3人組で若い女性2人とおばさん1人がニヤニヤして話しかけてきました(笑)しかもおばさんは赤ちゃん抱いてたので僕も友達も完全に心許してなんとなく英語で会話してました。今思えば空港からつけてきて、観光客のアジア人を狙っていたんだと思います。

そしてバスの中。僕はフランスにいた時は財布は持って行かず巾着みたいなものをコートの内ポケットに入れていましたが、初めてのバスで乗り方も訳も分からず戸惑っていたので、どこに現金をしまっているか見られていたんでしょう。赤ちゃんを抱いたおばさんがスーツケースを置く場所とかを僕に教えるふりして、コートの内ポケットに手を伸ばそうとしてきました。それでやっと「こいつすろうとしてるな」とわかりました。でも、コートの内側に現金を入れた巾着を入れて前をボタンで完全にしめていたんでなかなか盗れなかったのか、そのうち諦めたみたいで次のバス停でスリ3人組は降りました。

あとから友達にも聞きましたが、友達も別の女性に財布に入っていた現金を一回取られたそうです。でも、バスの中も混んでいたので、犯人も身動きが取れなかったのか、友達も奪い返すことができたみたいです。それにスーツケースの置き場所を教えたのも、スーツケースを挟んで僕と友達を引き剥がそうとしていたからだと後から気づきました。また、多分おばさんが持っていた赤ちゃんも油断させるための人形だったかもしれないと後から思いました。確かに赤ちゃんらしきものは持っていましたが、僕たちは顔も見ていないし、スリ目的で乗車しているのに邪魔な赤ちゃんを連れてくることは考えにくいので手元を隠して現金を取ったり、観光客を油断させるために使っているのかなと思います。ここら辺は推測ですけど、後から考えると、そうにしか思えないです。

 

スポンサーリンク

 

 

ここで一旦僕が遭ったスリの手口をまとめます。

  • 空港から待ち伏せして観光客を狙ってくる
  • 集団でバスの中で狙ってくる。
  • 友達から引き離そうとする
  • 物で手元をカモフラージュして狙ってくる(僕の場合は赤ちゃんの人形)

 

そしてその後はスリに遭ってかなり落ち込みましたが、これが海外旅行の洗礼かと思っていろいろなことに気をつけて旅行してました。その中で対策として日本で準備できたこともたくさんあったので書いておきます。

 

財布は持って行かない

僕は財布は日本に置いていって現金とクレジットカードだけ持って行きました。現金は巾着に入れてコートの内側に、クレジットカードは百均で売っている首から下げられる紐付きのパスポートケースにパスポートと一緒に入れて、服の下に通していました。そして、予備に持っていった万札何枚かは靴下(究極の安全な場所)に挟んだりしてとにかく現金を分散させました。財布を持っていくともし盗られた時にキャッシュカードやポイントカードなど、いろいろなくすと面倒なものまで紛失する可能性もあるし、長財布なんかだとどうしてもカバンに入れないといけないし(カバンやリュックも財布が入っているとバレたら、紐が切られたりして盗まれる可能性も)、何より癖でどうしてもそこに現金を全部入れてしまい、分散できないと思うので、できるだけ財布は持って行かないほうがいいかと思います。

 

スポンサーリンク

 

電車やバスは出口のそばに立つのは避ける。

僕はバスの中でスリに遭いましたが、電車なんかでもかなりあるそうです(現地のフランス人が言ってた。向こうでスリはピックポケットと言うらしい)。出口のそばにいると、閉まるギリギリに盗られて逃げられてしまっては絶対に取り返せないので、できるだけ避けた方がいいです。僕の友達もドアのそばにいたら多分取り返せなかったと言っていたので、これも大事です。

 

リュックで行かない

これは僕がリュックで行ってしまって後悔したからです。当然ながら後ろは見れないので、観光中も終始ずっと不安でした。結局不安になってリュックを前に抱えていることが多かったです。これではダサいしインスタ映えもしないし、嫌でした(インスタやってないけど)。だから行くときは斜めがけでチャックがついているものや、ウエストポーチなど、常に自分の目で盗まれていないのが確かめられるカバンがいいかと思います。

 

以下、対策の要点だけまとめます。

  • 財布は持って行かず、現金は分散させよう(靴下の中が絶対盗られなくてオススメ。金が臭くなる可能性はある)
  • 電車やバスの乗降口は避ける。ギリギリに取られてドアが閉まったら逃げられる
  • リュックではなく、常に自分の視界の中に入れておけるカバンを持って行く。

 

まとめ

大袈裟かもしれないけど、スリに遭いそうになっただけで相当落ち込んだので、やれるだけのことはやってから行った方が絶対いいです。本当にお金を盗られたら、ホテルで引きこもるしかやること無くなってしまうので。あと上は現金の話しかしていませんが、スマホもかなり狙われるので気をつけてください。日本人は店などでスマホをテーブルに置いたままにしますが、それも危険だし、コートのポケットにスマホを入れて、椅子にかけるのも危険です。

スリ対策を万全にして、海外旅行には行きましょう。参考になれば幸いです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村