大学生の退屈しのぎ

底知れぬ音楽と映画と文学と...

映画「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」を観た。男たちに復讐する1人の女性

スポンサーリンク

アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ(2010)

 

監督:スティーヴン・R・モンロー

出演:セーラ・バトラー、ジェフ・ブランソン、ダニエル・フランゼーゼ、ロドニー・イーストマン、チャド・リンドバーグ、アンドリュー・ハワード、トレイシー・ウォルター

 

 

「ケダモノども、地獄へ堕ちろ」という過激なキャチコピーで有名なこの映画。

実は続編も何作か出ているちょっとしたヒット作です。

元々は「発情アニマル」という1978年に公開されたリベンジものの映画のリメイクです。

 

ざっくりとしたあらすじは、森のロッジで一人で執筆活動をしている作家のジェニファーが男たちに集団レイプされ、その仕返しをすると言う話。

 

この仕返しがまた凄まじく、スカッとしつつも分類としてはトーチャー・ポルノに入るんでしょう。胸糞映画だとも言われています。

 

スポンサーリンク

 

 

前半のあらすじ

 

作家のジェニファーは集中して執筆活動に取り組むため人里離れたロッジに向かっていた。

その途中のガソリンスタンドで男たちに出会う。仲間の一人、ジョニーという男はジェニファーを口説こうとするがジェニファーは軽くあしらい、相手にしなかった。

 

いよいよロッジに着き、執筆を始めるが何だか不穏で集中できない。挙句トイレが壊れたりその中にスマホを落としてしまう。そこにトイレ修理に向かったマシューはスタンドにいたジョニー、スタンリー、アンディーの仲間だった。

 

マシューはトイレ修理のお礼にジェニファーにキスされる。ジョニーたちにマシューがそれを言うと、ジョニーは自分でも相手にされなかったんだから嘘をつくなと不機嫌になる。マシューはどもりがちで仲間からバカにされている存在だった。

 

 

そしてその話が引き金になったのか、ジョニーたちは夜に突然ジェニファーのいるロッジに押しかけ、暴行する。酒を飲ませたり殴ったり。

しかしそれでも何とかジェニファーは逃げ出し、林の中を無我夢中で走っていると保安官のスコーチに保護される。そしてスコーチとともにロッジに戻る。

 

しかし、その救世主に見えた保安官のスコーチこそジョニーたちの親玉だった。助かったと思った矢先に混乱するジェニファー。だが、彼らはふざけ半分に童貞のマシューにジェニファーとセックスするように言う。仲間が怖いマシューはジェニファーが泣き叫んでいるにもかかわらず言う通りにしてしまう。

 

林の中で今度は泥水の中に顔を入れられ、結局全員にレイプされる。ふらふらと立ち上がったジェニファーは男たちに射殺される前に川に飛び込む。

 

保安官で家庭を持つスコッチはジェニファーの死体が見つかり、事が明るみに出るのを恐れ必死に死体を探させた。

 

だが数日経過しても死体は見つからなかった。。

 

 

後半(ジェニファーによる仕返し)

 

マシューがロッジに戻って来るとそこにはジェニファーがいた。

ジェニファーはもう生気をなくしていた。

「僕はイヤだったんだ」

マシューは懇願するように言った。

「わかってるわ。あなたは悪くない」

「ごめんなさい」

泣きながら謝るマシューをジェニファーはロープで首を絞めて気絶させる。

 

次はスタンリー。罠にかけ拘束し、ネズミの死骸を食べさせ、瞼を釣り針で引っ張り、魚の血にまみれた肉片を顔にかける。そしてその全ての様子を彼が自分にやったのと同じように動画に撮る。

 

するとやってきたカラスたちが彼の顔を突き始め最後には目玉をほじくり返してしまうのだった。

 

スポンサーリンク

 

 

その次はアンディー。水酸化ナトリウムを張ったバスタブの上で体を固定する。顔を上げることに疲れてしまうと彼はその中に顔を入れるしか無くなる。そうするとみるみるうちに皮膚が溶けていった。

 

そしてジョニー。全裸にして縛りつけ、歯を無理やり抜いた挙句、枝切り鋏でアレを切断してしまう。。

 

 

最後は親玉のスコーチ。妻と子供に「特進クラスの先生」を装って近づくジェニファー。そしてスコーチをおびき出し、眠っていたマシューの手と保安官のお尻に突きつけられた銃を紐で結びつけた。

マシューが起きてよろよろと立ち上がると、銃の引き金が引かれ、保安官とマシューは同時に死んだ。

 

 

感想 ジェニファーは死んでなかったのか?

 

タイトルの「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」(私はお前の墓に唾を吐く)にもある通り拷問されて死んだとしても、この男たちに同情の余地が一ミリもなさすぎて結構スカッとしてしまった。

後半の仕返しは本当に凄まじくて、痛々しかったのでそんなにやらんでもなんて思ってしまうけど、映画の中だったらこういう男たちはこれくらい悲惨な拷問をされて欲しかったような気もした。

 

最初のシーンであったようにジョニーたちがレイプすることになった動機って、ジェニファーに相手にされなかった腹いせだったり、田舎者であることの劣等感だったりと本当に小さいしクズすぎた。

 

そしてもう一つ大きかったのは保安官で妻も娘もいるスコーチが影で見知らぬ女性をレイプする最低ア○ルファ○ク野郎だったと言うぶっ飛んだ設定。

犯人たちの親玉が「まとも」とされている肩書きを持っている男だったのはこの映画の大事な要素だったと思う。キリスト教信者なのが窺えるシーンもあったし。

 

あと生き返ったジェニファーは生気がないし、裸のまま落下したのにちゃんと服を着てるし(彼女の所持品は全てすぐに男たちによって燃やされていた)、大柄の男たちを一撃の殴打で倒したり運んだりしていてさすがに無理がありすぎるので、これはほぼ間違いなく死んだ彼女の怨念だったということだろう。川から飛び込んだ時に彼女はすでに死んでいたが強烈な憎悪によって蘇ったのだと思う。

 

拷問は個人的にはあの目玉をカラスにつつかれるのが一番イヤだったなあ。意識のあるまま目玉を突かれるの想像したら怖すぎた。

 

レイプした罰なんだから、ジョニーのやられた去勢はなんとなく当然だったような気もする。あのおっきい枝切り鋏で切られるの信じられないくらい痛そうだけど。。

 

 

まとめ

「レイプされた女性が男たちに復讐する」というシンプルな設定だけど、時々観たくなってしまうタイプの映画だった。胸糞感はそこまで残らないしグロいのが得意な人は観ても損はないはず。

(2019年4月12日現在、「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」はアマゾンプライムビデオで鑑賞可能です。無料登録期間に契約解除すれば無料で視聴できます)

 

Amazonプライム・ビデオを無料体験する