大学生の退屈しのぎ

底知れぬ音楽と映画と文学と...

映画「勝手にふるえてろ」から学ぶ、傷つくのが怖くても他人と関わっていくる生き方

スポンサーリンク

勝手にふるえてろ

youtu.be

 

監督:大九明子

出演:松岡茉優渡辺大知、北村匠海 

 

24歳のOLヨシカは中学の同級生“イチ”へ10年間片思い中! 過去のイチとの思い出を召喚したり、 趣味である絶滅した動物について夜通し調べたり、博物館からアンモナイトを払い下げてもらったりと、1人忙しい毎日。そんなヨシカの前の会社の同期で熱烈に愛してくれる“リアル恋愛”の彼氏“二”が突如現れた!! 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、いまいち二との関係に乗り切れないヨシカ。まったくタイプではない二への態度は冷たい。ある出来事をきっかけに「一目でいいから今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、同級生の名を騙り同窓会を計画。ついに再開の日が訪れるのだが…。

“脳内片思い”と“リアル恋愛”の2人の彼氏、理想と現実、どっちも欲しいし、どっちも欲しくない・・・

恋愛に臆病で、片思い経験しかないヨシカが、もがき、苦しみながら自分を解き放つ!!

ブコメ史上最もキラキラしていない主人公の暴走する恋の行方を、最後まで応援したくなる痛快エンターテイメントが遂に誕生!!(公式サイト)

 

原作は芥川賞作家の綿矢りさによる同名小説。監督は「インストールでもメガホンを取った大九明子です。

 

邦画でこんなハイセンスな映画があったとは知らなかった...。こじらせ女子のヨシカは、学生時代劣等感ゆえにイキっていた僕には目を覆いたくなるような存在でした。

顔がイケてないと思われる登場人物に顔の整いすぎた役者を使いすぎなのは邦画のよくないところだと常々思いますが(愛がなんだの成田凌しかり)、それでも松岡茉優は演技がうますぎて可愛さをちゃんと半減させていたので、そんなに気にならなかったというのが正直なところです。笑ったところとかやっぱりめちゃくちゃ可愛いけどね、アンモナイトについて意気投合して話すシーンの喋り方とかもう本物のオタクって感じで最高でした。

 

 

 

 

感想(ネタバレあり)

「異常巻き」の日常

ヨシカは経理の仕事で毎日電卓を叩いているOLです。そしてその傍らで脳内で同級生のイチを「召喚」して脳内片思いを楽しむ毎日。

近所の人とも楽しそうに話してて、観てる側としては「あれ?楽しそうじゃん毎日」って感じなんですけど、途中で多分薄々気づいてくるんですよね、このシーンの超現実感に。そしてミュージカルシーン(圧巻だった)でこれが妄想のやりとりだったことが明かされるわけです。

このミュージカルシーンでヨシカが歌う「アンモナイト」に「ねえ アンモナイト 生き抜く術を教えてよ どんだけねじくれたら 生きやすくなるの 日常は異常 異常巻きの日常」という歌詞が出てきます。

ヨシカは博物館からアンモナイトを取り寄せてるほど絶滅した動物のオタクだったわけですが、このアンモナイトには「異常巻き」という種類があって、環境に適応するために自分の姿を歪めたアンモナイトがこんな風に呼ばれています。つまりやりたくもない仕事をして、話したい近所の人にも傷つくのが怖くて話しかけられない(妄想では会話している)ヨシカの姿そのものです。

 

その妄想のやりとりでカフェの女の子(趣里)と「いや、私も絶滅する側だからさ」と言ってるシーンがあるんですが、ここでも他者と関われない(=子孫を残せない)でいる自分のことをどこかで理解していることがわかります。

 

 

名前を呼ばれない悲しさ 

恋愛においてその人の名前は心の中で何度も再生した「特別な響き」です。ヨシカはせっかく再会に成功して2人で話せたというのにイチに「君」としか呼ばれず名前を呼んでもらえません。アンモナイトの話でいい感じに盛り上がってる時に「ごめん。君、名前なんだっけ」と言われるあの辛さ。ヨシカの気持ちが痛いほどわかります。僕も好きな人に「あれ?そういえば苗字なんだっけ」と言われた時は露骨に泣きそうな顔になってへこみました。嫌われてるわけでもないのに、要は自分の名前が相手にとって「特別な意味」を全く持っていないことがひたすらに悲しいんですよね。「こっちはお前のこの世で一番の特別になりたいのに、そもそもそういうレベルじゃないのかよ!」っていうのが一瞬にして理解できてしまうという。「忘れられてる」という事実が指し示す現実は残酷です。

 

ただ、同じようにヨシカも「二」こと霧島を一向に名前で呼んでいません。つまりやってることは同じわけです。それに気づいていて(ラストシーンで明らかになります)傷つきながらも、二は臆することなくヨシカのそばにいてくれます。

それでもヨシカにとってはただの「二番目」としての認識しかなく、二の気持ちを簡単に踏みにじってばかりいます。最後の妊娠したって嘘とか、彼氏がもう1人いるとか、自分のことを純粋に好いてくれる人間にそんなことを言うヨシカの仕打ちは本当に残酷です。こんなことをされても相手を信用できる二の強さというのは、人間関係に傷ついた人たちがみんな捨ててしまった希少なものです。

 

 

怖くて誰とも関われない...

ラストシーンでヨシカは告白してきた二を霧島くんと名前で呼び「勝手にふるえてろ!」と吐き捨てます。

 

胸についた赤い付箋が二のシャツに落ちて、みるみるうちに濡れて色が変わっていきます。現実の世界で他者とつながっていくのです。

 

恋愛にしろ友人関係にしろ他者と関わっていくのは恥さらしの連続で怖いことだらけです。特にヨシカみたいに想像力があって、些細な相手の反応にも傷つく繊細な人間にとっては。

 

誰かと深く関わるなんて怖くて怖くて、近所の人たちにも妄想で会話するしかできなかった、恋愛も脳内で中学時代の憧れの同級生を召喚するだけで済ましていたヨシカが現実の自分を見て好きになってくれた二を選び、向き合うことを選ぶのです。勝手にふるえてろ!」と最後に吐き捨てたのも、そんな怖がってばっかの自分に対して怖いなら震えながらでも現実で他人と関わっていくことを選んでいけと、自分を奮い立たせるための言葉なんだと思いました。

 

 

まとめ

この映画は恋愛コメディー映画なんだと思いますが、人間関係に臆病で「震えて」ばかりいる人のための映画でした。ヨシカが声を震わせながら二に不器用に自分の思いをぶつけるラストは、僕みたいな傷つくのが怖くて誰にも深入りできない人間にとって感動的でバカみたいに泣けました。妄想で人間関係で満たされない現実の穴を埋めようとして生きている人に届いて欲しい一本。