大学生の退屈しのぎ

底知れぬ音楽と映画と文学と...

弱者に寄り添う音楽、The Smiths【おすすめ12曲紹介】

スポンサーリンク

The Smiths

ザ・スミス (英: The Smiths) は、イギリスのロック/ ポストパンクバンド。1982年、マンチェスターにて結成。インディーズ・レーベルの「ラフ・トレード」に所属し、4枚のスタジオ・アルバムを制作した後1987年9月に解散した。メンバーは労働者階級出身。

モリッシーのねじれたユーモアのある歌詞やイギリス社会批判、疎外され恋愛に苦しむ自分を反映した歌詞は、若者文化の中の不満に満ちた層、チャートに多かったシンセサイザー・バンドにうんざりした層に支持された。(Wikipedia

 

精神的に不健康な人間が聴いてる音楽の代名詞のような扱いをされるザ・スミス

 

僕も高校の頃から映画「ウォール・フラワー」のサントラで使われていたので存在は知っていたけど、本格的にどっぷり聴き始めたのは多分大学一年の時だった気がする。

かっこいいメロディーと情けなくてどうしようもない歌詞、モリッシーの独特な声、今では聴くたびに実家のような安心感を覚えてしまう。スミスの音楽を聴いていると、正論ばかり振りかざしてくる友達なんかに相談するよりもよっぽど安心して、寄り添ってもらってる気持ちになる。こんなに不器用な弱者に寄り添ってくれる音楽もなかなかない。

 

1. Reel Around the Fountain

 

youtu.be

君との15分間

僕は嫌だなんて言わないよ

誰も君に価値を見出さなかったけど

僕にはわかる

 

児童誘拐をほのめかしてたり、「中庭で僕をひっぱたいてくれ」と倒錯した感情もあったり、でも何より「誰も君に価値を見出さなかったけど、僕にはわかる」という部分は孤独な人間の心に沁みる。

 

2. Still Ill

youtu.be

なんで?って聞いたら死んでやる

なんで?って聞いたら死んでやるからな

 

同じく1stアルバム収録。スミスの中でもギターのフレーズがキャッチーで聴きやすくて初めの方にハマった記憶がある。

 

3. Please, Please, Please Let Me Get What I Want 

youtu.be

人生でたった一度だけ

僕の欲しいものをください

神に誓ってもいい これが初めてのお願いなんだ

 

映画「500(日)のサマー」でも使われてる曲。ちなみに再生回数を教えてくれるアプリで調べたところ、僕が人生でいちばん聞いている曲がこれだった。「欲しいもの」が手に入らない人生の悲哀と、切に祈る気持ちの美しさが同居してるような感じがする。

 

4. Asleep

youtu.be

 

眠るまで歌ってくれ

眠るまで歌ってくれよ

それから僕を一人にして

朝になっても起こさないでくれ

きっと僕は死んでるだろうから

 

最後まで救いのないピアノのバラード曲。ここまで曲が陰鬱だと、自分の方が元気な気がしてくる。

 

5. I know It's Over

youtu.be

終わりなんだと分かってる

本当は始まってすらないけど

僕の心の中では全て現実の出来事なんだ

 

名盤「The Queen Is Dead」に収録。ギターのフレーズがとにかくノスタルジックで綺麗。布団をかぶってこれを聴きながら泣く弱虫みたいな1日があってもいいなと思う。

 

6.Bigmouth Strikes Again

youtu.be

あぁ、愛しい人よ

ほんの冗談だったんだ

お前なんてベッドの中でぶん殴られてしまえなんて言ったのは

 

Bigmouth(大口)で余計なことを言って必要以上に大事な人を傷つける、そんな自分に嫌気がさしている曲。コミュニケーションが下手くそな人間には共感できすぎて痛いです。

じゃかじゃか鳴ってるアコースティックギターと心地よさと気持ち悪さの間を突くような絶妙なメロディーもゾクゾクする。スミスの代表曲のひとつ。

 

 

7.Cemetary Gates

youtu.be

とてもよく晴れているから

墓地の入り口で君と待ち合わせるんだ

君の傍にはイェーツとキーツ 

 

イェーツとキーツはそれぞれイギリスとアイルランドの詩人。主人公もまた、オスカー・ワイルドの詩集を墓地に持ってきている。墓地の入り口で待ち合わせるという気味悪さも含め、文学的な世界観が好き

 

8.Heaven Knows I'm Miserable Now

youtu.be

僕の人生で

どうして僕が生きようが死のうが気にしない奴らに

大事な時間を捧げられるっていうんだろう?

 

仕事なんかしたくねえ、恋愛もうまくいかねえって腐って嘆いてる姿にやっぱりシンパシーを感じずにいられない。最初はとっつきづらかったスミスで一番初めに聴いて好きになった曲だと思う。

 

9.Panic

youtu.be

ディスコを焼き払え

DJを吊るしあげろ

奴らのかける音楽はどれも

僕の人生に何も響かないんだ

DJを吊し上げるんだ

罪状は奴らのかける音楽さ

 

「DJを吊るしあげろ」でお馴染み(?)のこの曲。軽快なリズムで「Hang the DJ」と繰り返されるのにはちょっと笑いそうになってしまう。

 

10.Handsome Devil

youtu.be

僕の手を取って

君の乳腺とその頭に触れさせておくれ 

 

ファーストシングル「Hand In Glove」のカップリング曲として収録されていた曲。一方的な支配欲と歪んだ愛情(少年に向けたもの?)を感じさせる。

乳腺はパワーワード

 

11.Last Night I Dreamt That Somebody Loved Me

youtu.be

昨日の夜 誰かが僕を愛してくれる夢を見た

希望はないけど傷つくこともない

ただの誤報だった 

 

愛される夢から醒めた寂しさをこんなにも強く感じる人間の現実なんて想像がつく。誰かと付き合っていても失恋してもきっと理想の誰かを夢見てこんなふうに寂しくなることって、満たされない人間には一生つきまとうもののような気がする。

 

12.There Is A Light That Never Goes Out

youtu.be

もし二階建てのバスが

僕らに衝突して

君のそばで死ねるなら

こんな幸せな死に方はないよ

 

最後は彼らの1番の有名曲で。スミスの中でもやっぱり頭ひとつ抜けた珠玉の一曲だと思う。

(500)日のサマーでサマーがエレベーターの中で「私もスミスが好きよ」とトムに言ってこのフレーズを歌うシーンも必見。

 

モリッシーの生き方について 

www.neatnobibouroku.info