大学生の退屈しのぎ

底知れぬ音楽と映画と文学と...

【歌詞和訳】Rex Orange County「Face to Face」

スポンサーリンク

2019年発売のサードアルバム「Pony」収録のポップソング。

気弱な少年の日記みたいな歌詞がすごく良い。高校生ぐらいの時期、失恋に沈んだときにこんな曲があったらと思ってしまう。

 

 

I grew up, you grew down, we found out

僕は大人になって、君も年をとった

そして僕らは気が付いたんだ


Everything matters now (Everything)

全部が大切だったということに


We grew up while you let yourself down

僕たちは成長した 君が自分自身に失望している間に


I want out

僕は外に出たい

 


She calmed me down that night I freaked out

彼女は僕が壊れてしまった夜を静めてくれた


We stayed up, I threw up in that house

僕たちは遅くまで起きていて、僕はその家で気分が悪くなったけど


She woke up face-to-face from the bed

彼女が起きて寝室からビデオ通話してくれた


Two in the en-suite, one in the early

二人は一緒に、すぐに一つになった


She was like eight hours ahead

彼女のいるところは8時間先に進んでるみたいだった


Two different countries, slept in a one-piece

違う二つの国で一つになって眠った


Baby boy in full effect

幼い少年は精一杯努力したけど


And you couldn't see me, call back, repeat

君は僕に会うことも 電話をかけなおすことも 繰り返すこともできなかった


That's all thanks to poor connection

全然足りなかった繋がりにも精一杯の感謝を込めて


Fun for me, no

僕にとっては楽しいなんてものじゃなかった


Most time, it's a pain in the neck

ほとんどの時間は首の痛みになって残ってる


I said it's not that fun, see

僕がそんな楽しいものじゃないって言ったのもわかるだろ

 

Everything makes me wanna quit while I'm ahead

全部が僕を黙らせようとしているみたいなんだ 僕が前に向かっていても


Honestly

正直に言えばね



She wakes, we face-to-face from the bed

彼女は起きて、僕たちはベッドでビデオ通話をしている

 

I wish I could be with her instead

代わりに彼女と一緒にいれたらなって思うよ

 

When we speak face-to-face from the bed

僕たちが寝室で向き合って話すとき

 

Things go wayward and I end up upset, but

色んなことがどんどんわがままになっていって僕は動揺してしまった、でも

 

 

Never had done

決して終わらない


No, I never had

僕はまだ何も


Ooh

あぁ



Maybe we grew outward (Yeah)

きっと僕たちはどんどん上辺だけになっていって


It's true, I kept the truth to myself

その事実を僕はずっと言わないでいたんだ


Now I'm nothing but a coward (Cow-)

今僕は厄介者以外の何物でもない


And you were too busy making friends

そして君は友達を作るのに忙しすぎたみたい

 

You were occupied, I was in the shower

君は支配されていて、僕はシャワーを浴びたんだ

 

 

You were unaware, I was fully clothed

君は気づいてなかったけど、僕は正装をしていたんだ

 

And you didn't know about this

ついに君はこのことを知らなかった

 

But you wouldn't even really need to know

でも君は本当に知る必要さえなかったんだろう

 

So continue picking flowers (Mm)

だから花を摘み続けている


Remember why you're here, my friend

どうして君がいるのか覚えてるよ、マイフレンド

 

You can sit back and relax

君は後ろに座ってリラックスできるから

 

And they'll always love you now and then

そして彼らが君をときどき愛するんだ 

 

They'll always love you now and then

彼らは君をたまに愛するんだろう 

 

Always love you now and then

時には君をいつも愛するんだろう

 

They'll always love you

彼らは君をいつも愛するんだろう

 

It's true

それは本当のことだ



She wakes, we face-to-face from the bed

彼女は起きて、僕らはベッドでビデオ通話をする


I wish I could be with her instead

電話の代わりに一緒にいれたらなって思う


When we speak face-to-face from the head

僕らが向かい合って理屈で話すときは


Things go wayward and I end up upset

物事はわがままになって僕は結局動揺してしまう

 

 

 

Let me be over there again

僕をまたそこにいさせてよ


I wish I could be with her instead

代わりに彼女と一緒にいたいんだ


Let me return for the night shift

変わってしまったあの夜に僕を戻してよ

 

I miss her like she's my only friend

彼女がたった一人の友達なような気がして恋しいんだ

 

My only friend, 100 percent

僕のたった一人の友達さ、100パーセント

 

I unplugged, then I dipped on my friends

僕はもうスイッチが入っていなくて友達に染まりつつある

 

My world got so much smaller this year

僕の世界は今年で小さくなってしまった

 

Tell me 'bout it

そのことについて何か言ってよ

 


She wakes, we face-to-face from her bed

彼女は起きて、僕たちは彼女のベッドでビデオ通話をする


Instead, instead, yeah

そうさ、代わりにそうするんだ


When we speak face-to-face from the head

僕たちが向かい合って理論的に話そうとするとき


From the head, yeah, yeah

理論的に、そうさ


She wakes, we face-to-face from the bed

彼女は目を覚まして、僕たちはベッドでビデオ通話する


I wish I could be with her instead

電話の代わりに一緒にいれたらって思う


When we speak face-to-face from the head

僕たちが向かい合って理屈で話すとき


Things go wayward and I end up upset

色んな物事がわがままに変わって僕は結局動揺してしまう


Let me be over there again

僕をまたそこにいさせてよ


I wish I could be with her instead

代わりに彼女と一緒にいたいんだ


Let me return for the night shift

変わってしまったあの夜に僕を連れ戻してよ


I miss her like she's my only friend

彼女がたった一人の友達みたいに思えて恋しいんだ

 

 

I grew up, you grew down, we found out

僕は大人になって、君も年を取った

僕たちは気づいたんだ

 

Everything matters now

全てが意味のある事なんだって

 

We grew up while you let yourself down

僕たちは成長した 君が自分自身に失望している間に

 

I want out

外に出たいんだ

 

(参考:Genius Lylics)